概要

評価ランク 良作
※評価は催眠まにあがおすすめする殿堂入り、名作催眠ゲームランキングの基準に基づいています。
作品名 巨乳家族催眠
ブランド ルネ
ヒロイン数 4人
通常価格 ¥3,497 
購入

設定はすごくいいが催眠の質は微妙

2017年にロープライスで再発売された作品です。催眠ゲーとしては微妙な作品ですがロープライスでこれだけのボリュームの催眠エロゲーを買うことはなかなかできないのでそういう意味では有りな作品です。
催眠まにあ

巨乳家族催眠の催眠ジャンル

常識改変
肉体操作

デモムービー

こんな人にオススメ

近親相姦好き母好き

あらすじ

間宮雄一(主人公:名前変更可能)は、受験に失敗し現在は予備校に通っている。
今度、仕事でほとんど家にいない父親が再婚したため新しい家族が増えることになった。
雄一は幼い頃に両親が離婚し、母親が出て行ったため家族のぬくもりに飢えていた。
新しい家族を歓迎したい反面、相手が母娘二人という女性ばかりだったので気後れをしてしまい、初対面からぎくしゃくしてしまう。
しかし成熟した大人の色香を放つ母・美冬、今時のギャル風の長女・夏希、地味ながらも巨乳の次女・秋葉との生活は雄一にとって刺激が強すぎた。
受験へのストレスも加わり性欲を押さえられなくなっていく。
そして、性欲を我慢出来なくなってきた雄一の元に何者から小包が届く。
その包みに入っていたのはその光を見せるだけで相手を催眠状態にしてしまう不思議なペンライトだった。
ペンライトを使用し催眠状態で与えられた暗示は彼女達の無意識下の深層心理に刻み込まれ、通常ではあり得ない行為でも平然と行うようになってしまう。
しかし、強力な暗示とはいえ、本人がどうしてもやりたくないこと、例えば自殺するなど本能に逆らう行為は強制することが難しい。
雄一は一計を案じ、まず「家族として仲良くする」「家族として一緒に過ごす」など、抵抗の少ない暗示を悪用し、普段の日常生活において様々ないやらしい要求を彼女達に飲ませていく。
雄一は彼女達と本当の家族になるために、自分の子供を産んで欲しいと家にいる間はもちろん、いつでもどこでも彼女達に中出しを続ける。
そして、雄一との肉欲の宴を過ごしていく彼女達はいつしか暗示から逃れる事ができずに、より過激な行為を求めていくようになっていく……。

登場人物

公式サイトで登場人物の詳細を確認

サンプル画像

巨乳家族催眠サンプル02

巨乳家族催眠サンプル01

巨乳家族催眠サンプル03

巨乳家族催眠サンプル04

巨乳家族催眠サンプル05

FANZAですべての画像を見る

巨乳家族催眠を購入した方のレビュー

FANZAでの平均評価 (4.13/5点)
DLSITEでの平均評価 (4.46/5点)
参考|FANZA/DLSITE

ボリュームがすごい

この作品は想像以上に長いです。すごくボリュームがあります。お得感はかなりあります。
購入者

良作

催眠によって中出しは当たり前と思わされているのですが妊娠というキーワードを出すと途端に抵抗が強くなります
催眠まにあ

巨乳家族催眠の感想と評価

世間の評価は高い

個人的にはあまり好きな作品ではないですが、一般の評価は高く2作目も発売されています。ちなみに2作目の評判はあまりよくないようです。

催眠が効かないヒロインがいる

催眠をかけるつもりが効かないヒロインがいる設定はすごくよかったです。そこまではすごくよかったのですが、その後が一部催眠を使わない残念な展開になります。

常識改変性自覚特化

若干、無自覚の常識改変もありますが、ほとんどが性自覚の常識改変になります。ボリュームが多いので逆にワンパターン化の催眠に飽きてきます。

ヒロインの魅力を活かしきれない作品

人見知りで気が弱い妹などはいいと思うのですが、そういうキャラにはうんこさせるぐらいのギャップが必要ですがプレイ内容はいたってヌルいです。

まとめ

シリーズ作の1作目

2作品あるシリーズの1作目です。

買う価値はあるのか

元々は\6,800の作品でしたが、\3,496で買えるので買う価値はあります。

\6,800だったら買う価値はないです。

総合得点

原画
ストーリー
キャラクター
催眠クオリティ
鬼畜度
抜き度
総合(55点)
作品名 巨乳家族催眠
ブランド ルネ
ヒロイン数 4人
通常価格 ¥3,497 
購入
おすすめの記事